くるみんマーク取得支援

くるみんマークの取得を支援します。

くるみんマーク取得支援、母子のイメージ

 「くるみん」は、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。

 少子化対策として子育て支援に積極的に取り組む企業などへの認定マークを決め、そのマークの愛称を「くるみん」と呼んでいます。

 「くるみん」は包む(くるむ)を表し、赤ちゃんを優しく、暖かく「おくるみ」で包むことを表したもので一般公募から新潟県と神奈川県の二名の方が名付けて選ばれた愛称です。マークは赤ちゃんが優しく包まれる事を表すとともに企業とその職場ぐるみの少子化問題や子育てに取り組む事も表しています。

 このマークを使用している企業は子育てに十分な対応策を採っているもので、確かな家族計画を持つ家庭や子育てに悩む家族などからその企業に勤務をしたいと望む人が増えると考えられ、企業側と子育てを含む消費者側の双方にとって利点とされます。

また環境問題とともに日本の深刻な少子化問題に積極的に取り組む企業であることも表しています。


くるみんマークの認定とメリット

 行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣(都道府県労働局長へ委任)の認定を受けることができます。
認定を受けた事業主は、次世代認定マーク(愛称:くるみん、右図)を、商品、広告、求人広告などにつけ、子育てサポート企業であることをアピールすることができます。

 

行動計画策定から「くるみん・プラチナくるみん」認定までの流れ